婦人科検診

子宮頸がん検診

20代から受けたい子宮頸がん検診

子宮頸がんは、異形成(いけいせい)という前がん状態を経てがん化することが知られており、がん細胞に進行する前に、正常でない細胞(異型細胞というがん細胞になる前の細胞)の状態を細胞診という検査で見つけることができます。つまり、無症状の時から婦人科の診察や集団検診などで早めに発見することが可能です。

初期の子宮頸がんは、普通は全く症状がありません。特に症状がなくても、20歳を過ぎたら、2年に1回子宮がんの検診を受けることが勧められています。

受診料金

5,400円(税別)

検査内容:内診、細胞診、超音波検査

検診受付

 
8:30 〜 17:30 - - - - 横山医師 横山医師 長房医師

※第1・第3日曜日のみ

子宮がん検診のよくある質問

生理中でも検査はできますか?

生理の期間を避けて検査をすることをお勧めしますが、日程変更等難しい場合はお問合せ下さい。

人間ドック宿泊パック好評受付中 人間ドック宿泊パック好評受付中

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
0120-801-030平日8:00~17:00
土曜日8:00~12:00
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

Pagetop